スポンサーリンク

弱気を克服する方法や体験談

大分県在住の22歳、女性、フリーターです。

19歳の時から弱気な性格を克服するために、毎日シュミレーションするようになり、

今では失敗にビビらない性格になりました。

スポンサーリンク

弱気な性格を克服するために毎日頭の中でシュミレーション!

喧嘩が絶えない家庭で、両親の顔色を窺いながら育ったせいか、

私は小さいころから人に嫌われないように必死で、

とにかく良い子でいようとしていました。

常に友達の意見に合わせたり、

「優しい」「性格が良い」と言われるたびに、

「もっと良い子でいなきゃ、嫌われないようにしなきゃ」と、

プレッシャーや危機感のようなものを感じるようになりました。

八方美人の何が悪いのか

人に嫌われたくなくて、失敗することが何よりも怖かった私は、

いつの間にか

「八方美人」「何考えてるのかわからない」

と陰で言われるようになり、

一時期仲良しグループから外されてしまったことがあります。

 

当時の私は何が起こっているのか理解が出来なくて、

八方美人の何が悪いのか、頭の中は謎だらけでした。

 

弱気を克服しようと思ったきっかけ

弱気な性格を変えようと思ったきっかけは、

彼氏と喧嘩したときに言われたある言葉でした。

 

「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」

という私の口癖が彼には良い気持ちがしなかったらしく、

私のためを思って怒ってくれたみたいです。

 

「そんなに人に合わせてたら本当に自分の意見が言えなくなるよ?大事な人生の選択も間違ってしまうよ?失敗しないと何も学べないよ。」

そして、

「そんなに失敗が怖いならシュミレーションをしたらいいやん。」

と言われ、私は頭の中で常にシュミレーションをするようになりました。

 

例えば、慣れてない郵便局での配送手続きでは、

ネットでしっかりと調べて「普通郵便でお願いします」と伝え、失敗を回避。

 

友達との会話では、「余ったのでいいよ」と言うところを、

「これにしようかな」と選択してみたり。

 

どうしても失敗が怖いときは頭の中でシュミレーションをしましたが、

できるだけ失敗にビビらずに、これからの人生の選択を間違わないように、

自分の意見をハッキリと伝えることに慣れるようにしました。

 

訓練を繰り返すうち、徐々に弱気を克服できるようになってきた

「失敗しても大丈夫!」と思うのは、ちょっと前の私にとっては難しいレベルでした。

 

なので少しハードルを下げて、

大嫌いな失敗を回避するために、頭の中でシュミレーションをします。

 

失敗を回避しながらも、徐々に自分の意見を言うようにしたり、

ネットで下調べせずにトライしてみたり、失敗になれる訓練をしていくと、

不思議なことに自然と失敗が失敗に感じなくなってくるんです。

 

ちょっと前の私の中では、人と意見が合わなかったときに、

「あ~私がこう言ったら揉めなかったのに」

というのが失敗でした。

 

でも自分の選択のせいで喧嘩になることも嫌われることもないし、

徐々に自分にとっての失敗は他の人にとったら

「何てことないこと」

だというように感じるようになりました。

 

弱気な性格を変えるためには少しハードルを下げて、

苦手な場面に慣れていくことが大切だと思います!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事