弱気を克服する方法や体験談

私は30代後半の主婦です。結婚して10年、可愛い子ども2人を育児中です。

スポンサーリンク

転職しまくっていた私の弱気を克服させてくれた「メンタリストDaigo」

大卒で実家のある町の図書館に就職し、就職というものに憧れていた私の期待は、

勤務歴50年のやる気のない職員さんと、ただ作業だけに発生する時給の環境に打ち砕かれました。

 

雇用期間の制限もあり、仕事を覚えて楽しくなってきた頃に退職しました。

その後、結婚や出産の度に転職をせざるを得ず、嫁ぎ先の価値観との違いに悩むこともありました。

 

違いを認識し、うまくやっていかねばと自身の意見を伝え、

コミュニケーションを図ってもなかなか理解はしてもらえませんでした。

 

スポンサーリンク

彼の動画で話を聞くことが心の支えだった最悪な時期

働くお母さんとして、家事育児と両立できる仕事を模索して6ヶ所で勤めてきましたが、

雇用期間の制限や一方的なクビ、限界を超え相談したが理解してもらえず退職を繰り返し、

どうしたら良くなるのかわからなくなり、でもどうにかしたいと焦っていた頃、

メンタリストDaigoのことを思い出しました。

 

彼のことは、以前、素敵だなと思う女性がおすすめだよ?と話していたのです。

はじめはYouTubeで、すぐにニコニコ動画にも登録し、過去の放送も片っ端から聞きました。

 

心理学や科学的な教えを分かりやすく、文献をたくさん紹介しながら、

Daigo自身の失敗から成功へ転身した実体験も含め惜しみなく紹介してくれていました。

色々こんがらがって、人間関係でも傷つき、近くに相談に乗ってくれる人もいなかった私でも、

メンタリストDaigoのお話は心地よく、聞いていると自然に勇気づけられモチベーションがあがるという、

これまで経験したことのない感覚を味わわせてくれました。

 

いまでも1日の始まりに彼の放送を聞くことで、

自分の力で切り開いていこうと

転職の負のループからおさらばした環境を守っていることは事実です。

メンタリストDaigoエピソード

メンタリストDaigoのよく話すエピソードとして、

小学校1年から中学校2年までいじめられてきた、

という話は有名です。

 

そこから彼を抜けださせ、デメリットをメリットに変えてきた力、

それは本を読み情報を得て実践するということをやり続けてきたという事実に励まされた私です。

 

突き抜けることや、人に合わせて無理せず自分を分かりやすく発信して

お互いに無理なく働く環境をつくること、

 

人にはバイアスがあり冷静に観察できるようになることで変に悩みすぎなくて済むことなど、

合理的で皆が幸せになる方法を、先人たちの知恵から得た情報からわかりやすく説明してくれる、

 

この説得力と言ったらないし、これまで悩んできた内容をどのように受け止め、

対処していけば良いか理解できたことが私的には大変やる気になりました。

生き方を教えてくれた

仕事と生き方って同じ事だと思っています。

切り離してそれぞれがむしゃらに頑張ってもうまくいきません。

 

無理をせず、自身を知り、周りに分かりやすい存在になり、お互い負担なく幸せに生きること。

健康のために心も身体も整える情報を得、実践してゆくことは大切だと実感しています。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事