弱気を克服する方法や体験談

 

スポンサーリンク

ほんの少しの勇気とLINEは私に弱気を克服させてくれた

長野県在住です。飽きっぽさがと胃腸の弱さが弱点。

そして、打たれるとどこまでも飛んでいく心の弱さをどこかで強化したいと常々思っています。

 

仕事の責任の重さと量の多さから、

1つの間違いが大きな事に発展してしまうのではないか、

お客様に迷惑をかけ、怒られるのではないかという不安が常々ありました。

また、仕事の速度を上げられずもどかしくなっていました。

根本的に私の知識の足りなさが一番の原因です。

また、同僚をもっと頼り、仕事の配分を調整するべきでした。

 

最終的にこなせない業務がでてきてしまい、後回しが増え、

それでも新しい仕事が舞い込んでくるので悪循環が生まれてしまいました。

また、同時に体調も酷く崩し、

結果として休むこととなってしまったために、

同僚たちへ仕事のしわ寄せが一気に行ってしまいました。

 

一度は「お休み」という決断をしましたが、

逆にその立場が曖昧で、責任と無責任の間で揺れていました。

しかし、責任逃れをしたい気持ちや、

体調の悪さを理由にしていてはいけないと思い、

職場とのコミュニケーションを取ることにしました。

幸いなことに、今はLINEという便利なツールがありますので、

同僚との引継ぎでの連絡や、上司からの何気ない連絡の取り合いで、

自分の至らなかった部分を改めて見直し、癒していくことが出来ました。

 

仕事で体調を崩すことは決して少ないことではないと思います。

結局最後にきっぱり退職しましたが、

直前に上司と本音で話し合えたことは、

仕事上での自分の意思を伝えることがいかに大事かを教えてくれました。

 

体調を崩して長く休んでしまう方もいるとは思いますが、

勇気を持ってコミュニケーションを取る事、たまには職場に行ってみること、

そして大事な話をきちんとしてみることは大事だと思いました。

 

 

スポンサーリンク

弱気の克服のためにやってみたこと

35歳、大阪府在住の主婦です。

二年前に結婚をして、現在は子どもを一人子育て中です。

一歳になる娘がいます。

 

私は、結婚前に婚活をしていました。

もともと、弱気な性格だったので、それを克服しないといい人に出会えないとは思っていても、

自分に自信がないために、自分から積極的に行動できず、

どうすれば良いのだろうと悩みました。

 

自分に自信がないので、誰かと喋るチャンスがあっても、

「私の話なんて誰も面白いと思わない」

とネガティブに思ってしまっていました。

 

私は、弱気な性格すぎて、これを克服できていないとき、

異性が声をかけてきてくれても、

「私よりも他の人の方が楽しめるはずだ」

と思ってしまい、気になる人がいても、あえてマッチングしないようにしてしまったり、

せっかくの婚活のチャンスを無駄にしていました。

 

弱気な性格ではありましたが、周りの友達がどんどんと結婚していき、

どのようにして結婚したかを聞いてみると、婚活パーティーなどを利用していた友達も多く、

とりあえず、気になるものがあればどんどん参加して慣れるといいと教えてもらいました。

 

弱気を克服するためには、経験が大事だと思い、

少しでも前に進めるようにと自分が参加できるものには、

勇気を出して積極的に出てみることにしました。

 

すると、少しずつではありますが、前向きに活動ができるようになってきたのです。

 

弱気を克服、または改善するというのは、

勇気が必要ですし、はじめのきっかけがとても難しいものです。

 

ですが、0の状態から一歩踏み出すことでものすごく世界は変わるものだと思い、

自分の人生で大切なことだなと思いました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事