スポンサーリンク

弱気を克服する方法や体験談

30代の女性です。4人の家族と暮らしていて現在はフリーターの仕事をしています。

スポンサーリンク

林修先生が会社の起業の失敗や借金などから復活した話を聞いて弱気を克服

私は大きな病気をして一時期引きこもりのような生活をいていました。

アルバイトをしようと思って面接を受けても採用されませんでした。

いくつもの面接を受けても採用されなかったため、

自分は何をやってもダメなんだ、

社会は受け入れてくれないと弱気になっていました。

そして、長く引きこもりを続けることになります。

家族からは冷たい視線を浴びてつらい思いをしていました。

スポンサーリンク

起業の失敗やギャンブルでの借金を克服し予備校の東進ハイスクールの看板講師に

林修の仕事がうまくいく「話し方」講座 なんかで有名ですよね!

現在は司会者やコメンテーターとしてテレビで活躍をしている林修先生ですが、

林先生は以前はギャンブルや会社の倒産などによって借金をかかえていたそうです。

今の林先生はまったくそのようなことを感じらせません。

 

転機となった出来事が借金返済のために始めた塾講師のアルバイトです。

林先生の指導力は高く評価されます。

塾講師のアルバイトは1年契約のことが多く、

指導力がない講師はすぐに切られてしまうのだそうです。

 

そんな中、林先生は東大入試問題を分析するなどの努力を重ね、

予備校講師という厳しい環境の中でも居場所を見つけていきます。

そして、東進ハイスクールの看板講師にまでなりました。

いまでしょ」の言葉で有名ですよね。

 

林先生は一度は挫折をしましたがそこでさらに落ちぶれてしまうのではなく、

自分ができる分野で努力を積み重ねて今の地位を手に入れたのです。

正しい場所で正しい方向で十分な量なされた努力は裏切らない

などの名言を残しています。

スポンサーリンク

林修先生のエピソードから、自分にもできると思えた

努力をしても叶わない夢もあるという人もいますが、

林先生のエピソードを知って努力をすれば弱気な部分を克服できると感じました。

これまでの私は努力が足りなかったのですが、

「正しい場所」で「正しい方向」で「十分な努力」

をすればいいのです。

実際に努力をして成功を手にしている人がいるのだから、

私にもできると思えるようになりました。

 

そして、夢に向かって資格を取ることにしました。

これまでは勉強してもどうせ忘れてしまうだろうと思って

まったく努力をしていませんでしたが、

正しく努力をすれば資格を取得して、その資格を活かすことができます。

これまでのように弱気でばかりいてはいけません。

努力は裏切らないことを知ったので、断然やる気がでてきました。

何もしなけば何も変わらない

林修修先生のエピソードから努力をすることが大切だと感じました。

努力をするといっても、正しい場所で正しい方向で行う必要があります。

何もしなけば何も変わりません。弱気を克服したければ努力をする必要があります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事