私のこれまでの人生で学んだ、弱気な自分を少しずつ克服していく方法

京都府に住む26歳の女性です。

高校を卒業してから社会人をしていました。

最近結婚して今は専業主婦をしています。

 

私は子供の頃から自分にとにかく自身がなくて、

引っ込みじあんでいつも人の影に隠れてるような子でした。

なので、自分の思ってることを人に伝えることや、

嫌なことは嫌だと言えなくていつも弱気でした。

そうなった原因は自分が育ってきた環境や、

育ててくれた両親の性格なども大きく関係しているのかなと

年齢があがるにつれてずっと考えていました。

 

こうゆう発言をすると、友達や周りの人に嫌われるのではないかなと思って

いつも自分の意見を言っていませんでした。

それが原因になって、友達からは何を考えているのか分からない、

もっと自分の考えを言ってほしいといわれ揉めてしまいました。

 

年齢があがってくるにつれて、

自分の意見を少しずつでもいいから人に伝えれるようになりたいと

思うようになりました。

私は昔からずっと自分に自信がなかったので、

自分に自信がついてきたらもっと自分のことを好きになれて、

周りの人達に自分の意見を伝えれるようになれるのではないかなと思いました。

なので、小学校生活の中で私には何ができるかなと考えました。

私はもともと勉強が苦手だったのですが、

勉強ができるようになりたいと思って

テスト前には時間を決めて勉強をしていい点数をとれるように

努力をしたらできる自分に少しづつ自信がついてきて、

自分の思っていることもだんだんと言えるようになりました。

 

いつも弱気な自分を、いつも強気な自分に変えたいなと強くずっと思っていました。

26歳になった今では、自分が思うにですが子供の頃の私よりも大きく変われたなと思っています。

私が弱気な自分を少しずつ変えていけたのは行動をし続けたからだと思います。

いっぱい悩んでいっぱい考えて行動をしてほんとに良かったなと思っています。

 

行動あるのみです!

 

弱気な心を少しでも、改善出来る方法

大阪府に住んでいる、40代の専業主婦です。

ただ今子育てまっただ中で、あまり自分の事に気を付けれてないところです。

 

とにかく昔から、あがり症で人前が苦手でした。

人見知りもかなりあるので、

人前にでると弱気になってしまって、ほとんどしゃべれませんでした。

なので、人前でする発表会や、スピーチなんかは大の苦手。

苦手と言うより出来ませんでした。

でもそう言う自分が嫌で改善したいと思っていました。

しかし、子どもの頃は改善方法も分かりませんでした。

 

1度苦手なのに、発表する場に出ることになってしまった事がありました。

かなり緊張していたし、本当に何を言ったのかも覚えていないぐらいです。

でも、友だちに聞くと、声は小さくて聞こえなかったし、

意味が分からなかったと言われてしまいました。

それもかなりのトラウマになっています。

 

子どもの頃の発表会での失敗があったので、

それ以来は本当に極力人前で話すようなことは避けてきました。

それではいけないと分かっていましたが、

改善方法も見つからず、弱気克服方法もないままでした。

でも、大人になるに従い自分の意見を言わなければいけない事が増えてきました。

緊張しながらでも、少しずつ落ち着けと自分に言い聞かせながらやれば

だんだんと改善出来てきていました。

それでも普通の人よりも出来ていなかったと思います。

改善方法としては、嫌でもとにかく人前にでるようにして、

大丈夫だと自分に言い聞かせることです。

 

あがり症の人は、たくさんいると思います。

まだまだ余裕で、人前で話せるかと言われたらやっぱり緊張するし、ドキドキします。

でも、諦めたら終わりだと言い聞かせてしています。

 

それと、大丈夫だと自分自身だけでも信じてあげることだと思います。

おすすめの記事