スポンサーリンク

弱気を克服する方法や体験談

スポンサーリンク

弱気な気持ちで電話対応に困り、ある助言を毎日続けることで克服

はじめまして今年で37歳になる男性です。

職業は埼玉県内にある福祉の仕事をしています。

埼玉県出身なので地域密着できる仕事です。

 

話すことが好きなこともあり今の現場は楽しいです。

しかし、電話対応には困ります。

それは、電話対応には話すだけではなく内容把握をしないといけないかです。

また、女性の優しい声とは違い低いトーンで話していると会社のイメージが悪くなるので、

電話対応では弱気になってしまいます。

また、電話対応はイメージ重視の場面が多くまれにではありますが相手先からクレームがでてしまうのです。

そのため電話対応には弱気になり避けて仕事する日が続いたためです。

 

電話対応をおろそかにして避けていると、

相手先には直ぐに弱気さを察知されてしまいます。

たまに外回りで合うとよく言われてしまうのが、「この頃電話対応しないの何で?」です。

そうした時に話をするのが好きでも話が飛んでしまうのです。

だから、相手先の人と話す時にしどろもどろになってしまうのがリスキーな点です。

 

そんな出来事もあり電話対応では悩みの種になっていました。

そうして、会社の女性に聞いたのです。

すると弱気になっていることを相手先に察知されない方法を幾つか教えてもらいました。

一つは個室でリラックスした状態で話す事。

もう一つは、マニュアルを簡単に頭にいれる事でした。

また、そのマニュアルをスマホを使い電話対応の時に常に見ながら話すという方法です。

しかも究極なことに電話対応は内容把握ではなくコミュニケーションだと教わりました。

 

なので、話す事が好きな状態を電話に置き換えて話す事ができるようになったのです。

 

電話対応に困って弱気になっていても、考え方で随分と気持ちが軽くなります。

特に男性の声は電話対応の時に重苦しく感じさせてしまいますが、

相手とのコミュニケーションだと思いマニュアルを簡単に作って話を進めていくと

相手先との嫌なムードをたちきることができるでしょう。

まずは、お電話有難うございます。から始めると話はスムーズに進むでしょう。

 

スポンサーリンク

反論が怖くて注意できない弱気な自分

埼玉県在住の30代男性です。

5年ほど前に運送業から転職し、現在は食品系の工場に勤務しています。夜勤族です。

 

私は元々引っ込み思案で、自分の意見を言ったりすることは少し苦手でした。

現在の職場ではパート従業員や派遣社員がほとんどで、

社員の私が指示を出したり注意をしなければいけない立場なのですが、

パートさんの中には勤続15年以上のベテランの方もいます。

その人に強く反論されると、つい弱気になって言うべきことも言えなくなってしまいました。

 

私と一緒に働くベテランのパートさんは、

長年の慣れから変なマイルールを作っていたり、

時にはコッソリと勝手にタバコ休憩を取っていたりといった問題がありました。

そのため製造に若干遅れが出たり、他のパートさんにも悪影響が出始めていました。

 

「正しいことを言って嫌われたら仕方ない」と無理矢理開き直り、

言葉には気をつけながらも随時注意し続けていました。

上司からも「お前がビシッと言わないとダメなんだからな」と言われていました。

反論の余地をできるだけなくすために、

自分のやるべき事や細かい掃除などの雑用も進んでこなしている内に

自分に対して若干自信も出てきたように思います。

幸い私の立場を理解して、時折助け舟を出してくれる先輩社員がおり

「私1人ではない」と思うことができたのも大きいです。

 

「これを言ったらどう思われるかな」と考えすぎるのも良くなく、

まして放っておくと悪影響が広がることなら尚更です。

 

私は自分の言動に自信を持つようになってから、パートさんも

「この人の言うことなら聞かなきゃ」

と少しは思ってくれるようになりました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事