スポンサーリンク

弱気を克服する方法や体験談

スポンサーリンク

弱気を強気に改善する方法!絶対変わる!

私は、福岡県に住んでいる38歳のサラリーマンです。

職業は教育業界で事務職員として働いています。あまり元気がないようにみられます。

 

もともと性格が大人しく、

母親にでさえ何か頼みごとをすることが積極的にできないような子どもでした。

食事に行ってメニューを注文するのも親に言ってもらう。

そのような子どもであったため気弱な弱気な性格であったと認識しています。

何かをきっかけに弱気になってしまったというか

もともとそのような性格であったことが

今まで続いているという感じです。

 

元々の性格が気弱であったため、あまり人とも馴染めなかった気がします。

それらのことは日常生活にも大きく影響しており、

店で注文が出来ないとか、

友達と面と向って話せないとかそう言ったことが多くありました。

今考えれば、学校でのグループワークとか発表とかは足が震えて、

誰か助けてくれと言った感じでした。

 

気弱が大きく改善されたのは、

スポーツを始めてからは自分に自信が付いて性格自体が変わりました。

スポーツのどの競技が良いということではなく、

特に筋力を付けるウエイトトレーニングを初めたことで

本当に性格が真逆に変わることができました。

これは全世界の人々に伝えたいと私自身思っていますし、

ウエイトトレーニングが性格に及ぼす影響や

ポジティブにする研究論文や書籍もあります。

ウエイトトレーニングをすることで気分が明るくなるし、

ちょっとした失敗でもなんとかなる

というような考えができるようになりました。

店の店員どころか女性にも積極的に話しかけるようになりました。

筋力の向上が性格にまで影響したことは私自身本当に驚いています。

 

社会人となり、筋力トレーニングを辞めたらまた昔のように戻ることがありました。

だから決してウエイトトレーニングは辞めないと心に決めています。

短い時間でも自重でトレーニングをやる。

そのことが自分自身を支える活動になっています。

 

人間誰しも弱気になる時期があると思います。

しかしいつまでも弱気であったら人生が楽しくありません。

自分の人生は思いっきり生きたらいいと思います。

 

思い切り楽しんで、そこで失敗しても死なない限りは次がある。

私のようにトレーニングをして人生を楽しんでください。

 

スポンサーリンク

もうダメだと思ったときこそ弱気を克服するチャンス!

宮城県に住んでいる34歳独身男性です。

本をあまり読まず育った為、

あまり知識や引き出しがないまま社会人生活を送ってきました。

現在2つ目の職場を辞めて転職活動中になります。

 

営業成績が出ず強気な商談ができずに商談が中途半端になってしまったり

最初からどうせ駄目だろうとネガティブになり

お客様に対して力を込めた商談ができず失礼なことをしてしまったと思います。

また自信がない時はせっかく商談のチャンスがあるのに

私いいですと断り他の人に商談の機会を振ったりもして

自ら結果を出すためのチャンスすら潰していました。

 

結果が出ていない時に考え方や行動までネガティブになると

運やツキまでも回ってこず全てが悪い方向に進んでいきました。

そうなると体調にまで影響して下痢が続いたり吐き気や咳も続くようになりました。

一番ひどかったのがストレスでめまいが起き、

立ってられないほどになり病院にも緊急搬送されました。

 

もうダメだと思ったときに出会った本が、

大越俊夫さんの6000人を変えたひと言という本でした。

非行少年を更生させる立場にいた大越先生が今までに体感した内容が描かれており、

その中の一句に

「順調は地獄の始まり、もうダメだと思ったときこそ天国の始まり」

という言葉あり感銘を受けました。

この言葉に出会ってからは苦しいときも何か希望の光があるように感じ

弱音を履かずポジティブに奮起することができるようになりました。

 

様々なビジネス本が出ていますので

題名だけでもいいので目を凝らして探して気になった本を取ってみると

まるで今の自分が悩んでいることについて書いてある本などもありますので

読んでみると共感できたり、新たな発見に出会えると思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事