弱気を克服する方法や体験談

スポンサーリンク

目先の事で一喜一憂してしまう弱気な心を克服するために

私は50歳で千葉県在住の男性です。広告デザインを生業としています。

同じ会社に30年います。結婚はしていて、娘も二人います。

つらい境遇から弱気になってしまう

当たり前の日常になれてしまうと

その日常ではないネガティブな出来事が起こると

つい弱気になってしまいます。

目先の事で頭が一杯になり、

まだ起きていない事にも不安を抱いてしまいます。

 

私の会社が不況続きで、10年で給料カットが2回。ボーナスも10年前から出ていません。

ボーナスが出て、毎年給料の昇給がある事が当たり前と言う日常だったので、

何で私にこんな出来事が起こるのだと、ついつい弱気になってしまいました。

 

今まで安定していて、少し先を見越して、買物をしたり、生活をしていた日々が一変しました。

夫婦の会話もお金の話ばかりで、

笑顔も消えていき、毎日が途方に暮れていき、給料は増えず、むしろ減り、

夫婦仲がギクシャクしていった時期は正直ありました。

 

試練は人生の分岐点

その出来事が起きた時、

起きる前は当たり前の様に人生は少しづつでも、

右肩上がりで上がっていくものだと、錯覚をしていました。

 

でも、考えて見ると、そんな訳はありません。

自分だけが何重にも重なった試練を感じた時、

友人の家庭がとても幸せに感じましたし、嫉妬もしました。

 

でも、

表面ではみんな笑顔でも何かしらの試練を背負っているのだなと、

後で感じました。

 

私は自分に試練が襲ってきて、

夫婦仲もギクシャクし笑顔がなくなっていった時、

このままではダメだと感じ、

今は人生の分岐点なんだと自分に言い聞かせ、出来事には全て意味があるんだと、

その出来事に向かっていくか、逃げるかで、次の未来の一歩が決まってしまうと思った時、

新しい自分に出会う為の試練なんだと感じる事が出来ました。

 

弱気になっても、考え方ひとつで克服できたり人に優しくなれる

人生にはここが勝負の時と思うぐらいの試練が必ずあります。

私は経済的な試練でしたが、

それは病気かも知れませんし、家庭不和かも知れません。

でも、人生の出来事に無駄がないと話がある様に、

この試練を乗り終えた先に新しい自分と出会えると思うと、

今の出来事に意味を感じれると思います。

何かこの試練は永遠に続いていく様な感情も出ますが、

それこそ錯覚だと思いました。

今、出来る道を探す行動をした時、

その試練はその時の自分に必要だった出来事だと、

わかる時が来ると思います。

 

そう思ってから妻への言動も変わりました。

やっぱり、最終的には、他人ではなく、自分次第だと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事