弱気を克服する方法や体験談

スポンサーリンク

フルマラソン完走で自信を持ち、弱気を克服した体験談

私は福岡県在住の41歳会社員です。

これまでの人生で、スポーツや仕事など、人に誇れるような実績は全くありませんでした。

 

これまで困難に遭遇すると、すぐに、心が折れてしまっていました。

どうにかしようと努力するより、その後の事後対応をどうしようかと考えていました。

仕事でも上手くいっている時は全く問題ありません。

しかし少しでも問題が発生すると、すぐに弱気になり、積極性を失い、上司に頼ってしまいます。

当然、部下たちも指揮官の様子を見て、諦めムードになってしまい、

私のチームは、困難に弱いというレッテルを貼られていました。

 

こういう仕事のスタイルなので、私は年齢の割には、責任のある仕事を任せられませんでした。

同期に比べて、出世が遅れていましたし、

私の下の部下たちも成果上げにくい環境にモチベーションを下げてしまいました。

ある意味、私のチームは会社内でお荷物的な存在として見られていました。

 

私はフルマラソンを完走して、自分に自信を持てるようになりました。

 

学生時代、全く持久走に興味もなく、むしろ、きついし、苦しいので大嫌いでした。

 

マラソンが流行りだした頃、友人に誘われて走ってみると思いの外楽しく、一気にハマってしまいました。

仕事終わりや休日にコツコツと走り、走力を着けていきました。

そうする中で、

走れる距離やタイムのように目に見えて成果を確認できるので、

少しずつ自信に繋がりました。

そしてフルマラソンを完走し、

最大目標を達成することで、一気に自信を持つことができました。

準備期間の長さや困難さに比例して、大きな自信になったのだと思います。

 

人の力を借りず、苦しい時も目標に向かって頑張り、

困難に打ち克つという成功体験をすることで、

自分の本来の力に気付くことができました。

またマラソンを通して、

どうしようもなく我慢できないことというのは、意外と少ないということに気付いたこともあり、

これまでより忍耐強くなれたと思います。

何かをやり遂げたという事実は、自信に繋がります。

 

自信が困難と直面した時の拠り所になるので、

それまで以上にメンタルが強くなれると思います。

 

スポンサーリンク

メンタルの弱さからサッカーを引退したが這い上がれた理由

現在20歳。宮城県出身。今はアルバイトをしながらサッカーでも稼いでます。

3歳からサッカー始めて18年目になります。

 

18歳のころに海外に渡りプロサッカー選手になりました。

厳しい環境ながらも陽気な海外選手と楽しくプレーをし一年後に契約満了で帰国します。

日本でプロになるべく関東の社会人リーグに練習生として参加することになりました。

そこが自分が引退した理由です。

海外では周りからHelloやwhat's upなどと声をかけてくれましたが日本では違いました。

誰も声もかけてくれませんでした。

二人組もパートナーがいないなんてこともありました。

自分はそこで相手にどう見られてるかを気にし始めます。

そしてベテランのプレーヤーに嫌われないように接し始めました。

敵にも怪我させないように優しくなり

次第に自分を見失いました。

 

そうなるにつれてベテランの対応がひどくなります。。

ベテランが僕を舐め始めます。

コイツは何しても言うことをきく。

と思われたのです。片付けや水の準備。

それまで自分は周りのおかげでサッカーを楽しめてた事に気付きました。

 

僕がどうやってそれを克服し引退したサッカーにまた復帰出来たかを教えましょう。

それはファーストコンタクトがいかに大事かに気づけたことです。

それはサッカーに、限らずアルバイトやクラス替えの初日なんかも同じです。

相手は自分の事を知らない。だからこそ誰にでもなれるのです。

昨日まで静かで人見知りでクラスの端っこにいるような子でも初めて会う人は知りません。

それに気づけたのです。

理由はその前いたチームの人も最初は僕に話かけてもこなかったのに

僕がなよなよしてるからベテランが僕をなめてかかってきたのです。

それに気づけた僕は次のチームの時に勇気を出して最初の挨拶で一発ギャグをしました。

そしたら僕はチームのムードメーカーになっちゃいました^_^

 

まとめると、誰もあなたの過去は知りません。

なろうと思えば誰にでもなれるということです。

そしてその勇気を持てるかどうかであなたの人生が変わります。

どうせどう頑張っても人生は一度きり時間は戻りません。

そうわかってるのだからこそ今日から昨日の自分を捨てるのです。

そしたら明るい未来はやってきます。

 

ぜひ初めての環境にいく際はこの事を思い出して殻を破っていきましょう!

私はそうやって弱い心を克服しました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事