スポンサーリンク

弱気を克服する方法や体験談

 

スポンサーリンク

子育てで悩んだが、弱気を克服し改善出来た方法

大阪府に在住40代の専業主婦です。

今は、子育て中で日々バタバタ生活しています。
毎日時間に追われています。

もともと、ポジティブな性格ではなかったのですが、

子育てでいろいろ悩みがあり、かなり精神的に弱気になっていました。

子どもが、反抗期になり、成長過程なのでみんなが通るものだと人にも聞いたのですが、

毎日なかなか上手くいかないことにイライラしたり、

またそれに落ち込んでしまったりしています。

自分自身の心のバランスがとれていないようです。

 

とにかく、子どもの反抗期がひどくて毎日イライラしていました。

自分も精神的に弱気になってしまって、落ち込みも激しかったり。

かとおもえば、変にテンションが上がったり。

気分の浮き沈みが激しかったと思います。

弱気が改善方向に向かったのは、

いろんな反抗期についての番組をみたり、本を読んだりして、

自分だけが悩んでいたことではないんだと感じたからです。

それと、他の家族にも助けられたところもあったと思います。

子どもと言い合いになったときには、

夫や、母親が間に入ってくれたりしたことで、

冷静になれたことも改善へ向かったことのひとつだと思います。

そして、自分自身もいろんな人に話を聞いてもらったり、

いろんな意見を知ることで、気分的に落ち着いたのかもしれません。

 

反抗期はずっと続くものではないとわかっていても、

その時はしんどくてイライラしたりしていました。

しかし、周りの助けで改善出来ました。

なので、自分一人で抱え込まずに、周りにも助けてほしいと話すことも大事だと思います。

私もなかなか助けてほしいと言えませんでしたが、

それではいけないと感じて助けてもらいました。

悩みは、人と共有することで改善方向へ向かうこともあると思います。

 

スポンサーリンク

弱気な私でも変わることができました

現在、一歳になる子供を育てています。
35歳で大阪府在住です。

仕事は、出産前に一旦辞めてしまったので、専業主婦になります。

私は、何をするにも自信がなくて、やる前から「私にはできるわけがない」と決めつけてしまう性格でした。

 

そんな私が、子供を授かることになり、

本当にこどもを育てられるのか、人一人を大きくなるまで育て上げることなんてできるのか、

と不安になってしまいました。

 

私は、自分の生活でさえ精一杯だったので、

子どもとの生活が始まることが全く想像できませんでした。

 

お腹の中の赤ちゃんがどんどん大きくなるにつれ、普通だったら喜びを感じるものですが、

「もう大きくならなくて良い。怖いよー。」

という気持ちが続き、つわりもあって、気持ち的にどんどんとネガティブになってしまいました。

 

悩みながらでも、お腹はどんどん大きくなり、出産を迎えました。

 

自分に子どもを育てられるのだろかと出産前には散々悩んでいましたが、

出産後はそんな悩みを考えられるほどの時間の余裕もなく、

とにかく子どもが泣けば何とかして落ち着かせてあげたいと必死になり、

 

眠っているときの笑顔を見ると、

自分のお腹の中から本当に出てきたんだと不思議に思って考え深くなりました。

 

弱気な性格の私でも子育てに必死になり、

自分のためではなく子どものためと思うと頑張れることがありました。

 

弱気な気持ちを持っているときは、ほんとうに辛いです。

克服したいと思っても怖くて逃げ出したかったりします。

 

ですが、「やらねばならない」という状況になれば、

がむしゃらに何かできるものなのかもしれないと思いました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事